yarnを使ってみた

最近よく耳にするyarnとやらを使ってみた、その備忘録として。

yarnとは

Facebook,Exponent,Google,Tildeとの共同チームによって生まれた新しいパッケージマネージャ。
npmとの互換性があるので、既存のpackage.jsonはそのまま使える。

Lockfile

ユーザやデバイス間でのライブラリのバージョン違いを無くす。
npmshrinkwrapに相当する機能。

インストール

$ npm install -g yarn

Macでhomebrewを使っているなら

$ brew update
$ brew install yarn

で、.bash_profileにPATHを通す。

exprot PATH="$HOME/.yarn/bin:$PATH"

コマンド

npm yarn
(N/A) yarn install
(N/A) yarn install --flat
(N/A) yarn install -har
(N/A) yarn install -no-lockfile
(N/A) yarn install --pure-lockfile
npm install [package] (N/A)
npm install --save [package] yarn add [package]
npm install --save-dev [package] yarn add [package] --dev
(N/A) yarn add [package] --peer
npm install --save-optional [package] yarn add [package] --optional
npm install --save-exact [package] yarn add [package] --exact
(N/A) yarn add [package] --tilde
npm install --global [package] yarn global add [package]
npm uninstall [package] (N/A)
npm uninstall --save [package] yarn remove [package]
npm uninstall --save-dev [package] yarn remove [package]
(N/A) yarn upgrade [package]

optionについてはまだ調べきれていないが、基本的にはyarn add or yarn add -Dyarn removeとかを使って行くことになりそう。